短期ダイエットを成功させるポイント

短期ダイエットに関心がある人は、例えば女性なら近い日に水着になる必要があったり、恋人と久しぶりに会うなどの動機があるようです。常に新しいダイエット方法に関心を持っており、これを食べれば痩せる、この方法で脂肪が燃えるという商品を買い続ける人もいます。中には、健康的な体型であるにも関わらずダイエットに熱心な人もいます。メディアに煽動され、ダイエットが必要だと思いこまされている人もいるようです。多くの女性がダイエットをすることによって、儲かるのはダイエット食品を作っているメーカーです。現時点でダイエットが求められる体型なのかどうか、メーカーに踊らされる前にじっくり自己分析をする必要があります。

自分がどれだけ肥満になっているのかを調べる方法として、BMI指数というものがあります。BMIの算出はごく簡単で、メートル単位の身長を二乗して、その数字で体重を割ります。どれだけ脂肪があるかがわかります。BMI20以下はやせ型、21~25が健康的な体のBMIです。25~30はやや肥満です。30~25は肥満度2、35~40は肥満度3、40以上が肥満度4と見なされます。翌日は水分だけで過ごします。最終日はおかゆだけを食べるというのがダイエットの断食です。短期ダイエットをすることによって、身体を壊したりガリガリになったりすることは避けたいものです。長期ダイエットと短期ダイエットの違いで結果が出るわけではありません。適切なダイエットメニューを組み、体とのバランスを考えた上で行えば、短期ダイエットでもきっとうまくいくでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク