短期ダイエットの方法

絶食や減量で短期ダイエットを行う人が多いですが、食べる量を減らしすぎると飢餓状態になったり筋肉が減ったりします。リバウンドを招いてしまうこともあります。リバウンドしないためには、ダイエットと並行して筋肉を鍛える体操や運動を行わなければなりません。ダイエットがうまくいって短期で体重を減らすことができたとしても、その後にリバウンドしてしまってはせっかくのダイエットが水の泡になってしまいます。体調を崩さず、リバウンドを防ぐためには、短期ダイエットについてよく勉強することが必要です。短期ダイエットには色々な取り組み方がありますが、減量によるダイエットをする人が多いようです。

きつい短期ダイエットとして代表的な方法は断食ダイエットです。長期間行うのは危険ですので、数日程度の断食を行います。断食といっても、行者のような厳しい断食ではありません。最初の日に食事を減らして次の日を待ちます。水は多めに飲んでもいいですが、食べる量は半量を心がけるようにして、よく噛んで食べます。次の日は水分以外のものを口にしないようにします。最後の日は、おかゆだけを食べます。厳密には断食とは違いますが、プチ断食ダイエットとして知られています。短期ダイエットにプチ断食を取り入れる手法には違うバージョンもあり、自家製スープを一週間摂取するというものもあります。短期ダイエットの中には、ダイエット用に開発されたローカロリーフードを使うというものもあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク